国内各地の服装ナビ

旅行先・お住まい地域の気温に応じた服装をアドバイス

青森の服装ナビ

青森県内での気温に応じたおすすめの服装を紹介しています!

  1. 日ごと(一週間先まで)の服装ナビ
  2. 月ごとの服装の目安

日ごと(今日・明日 ~ 一週間先まで)の服装ナビ

天気予報から、気温に応じた服装のアドバイス、おすすめの服・アイテムを紹介!

参照地域 : 青森むつ八戸

都道府県:

以下より、青森県内で服装をチェックしたい場所を選んでください。

【むつ】の服装

---

長袖のシャツや長袖のTシャツが心地よいです。

セーターやパーカー、薄手のジャケットが必要です。

天気予報: 晴一時雨画像1
気温(最高/最低): 21℃/--℃

【むつ】の服装

セーターやパーカー、薄手のジャケットが必要です。

長袖のシャツや長袖のTシャツが心地よいです。

カーディガンを羽織るか薄手のセーターを着ましょう。

天気予報: 晴画像2
気温(最高/最低): 22℃/10℃

【むつ】の服装

カーディガンを羽織るか薄手のセーターを着ましょう。

半袖のシャツを着るとよいです。

カーディガンを羽織るか薄手のセーターを着ましょう。

天気予報: 晴時々曇画像3
気温(最高/最低): 29℃/15℃

【むつ】の服装

セーターやパーカー、薄手のジャケットが必要です。

長袖のシャツや長袖のTシャツが心地よいです。

セーターやパーカー、薄手のジャケットが必要です。

天気予報: 曇画像4
気温(最高/最低): 21℃/12℃

【むつ】の服装

ジャケットや薄手のコートなど、軽めの冬服が必要です。

カーディガンを羽織るか薄手のセーターを着ましょう。

ジャケットや薄手のコートなど、軽めの冬服が必要です。

天気予報: 曇時々晴画像5
気温(最高/最低): 17℃/10℃

【むつ】の服装

ジャケットや薄手のコートなど、軽めの冬服が必要です。

カーディガンを羽織るか薄手のセーターを着ましょう。

セーターやパーカー、薄手のジャケットが必要です。

天気予報: 曇画像6
気温(最高/最低): 19℃/8℃

【むつ】の服装

セーターやパーカー、薄手のジャケットが必要です。

長袖のシャツや長袖のTシャツが心地よいです。

セーターやパーカー、薄手のジャケットが必要です。

天気予報: 曇画像7
気温(最高/最低): 21℃/11℃

21(火) おすすめの服装

22(水) おすすめの服装

23(木) おすすめの服装

24(金) おすすめの服装

25(土) おすすめの服装

26(日) おすすめの服装

27(月) おすすめの服装

【メンズ】

画像リンクより Amazonで購入可能です。

暖かさを感じる日には、サラッと着て外出するのに長袖Tシャツが便利。

半袖では朝夕が肌寒い季節には長袖シャツ。暑い時は前のボタンを外したり、袖をまくって調節。

長袖シャツでは少し暑いなあ?というときには七分袖シャツを着ると良い。

ニットジャケットは通気性・ストレッチ性に優れ着心地が良い。インナーをシャツと合わせても良いし、Tシャツなどの上に軽く羽織って気取らないスタイルも◎

パーカーは気温に合わせて軽く羽織ったり重ね着したり、温度調節しやすいアイテム。この季節は少しずつ肌寒さが増し、裏起毛のものを選ぶと暖かい。

品よく優しい雰囲気の漂うニットセーター。ニットとシャツのレイヤードで清潔感のあるコーデを楽しむことも可能。

無地のスウェットは色々なコーデに使える万能アイテムでインナーとしても使える。逆に、中にシャツを重ね着すると大人っぽいコーデに仕上がりオススメ。

気温が20℃以下に下がってくると準備しておきたいのがカーディガン。Tシャツや襟付きシャツの上に軽く羽織ることが出来るので便利。

気温が25℃以上の日には半袖シャツがおすすめ。

ゆったりサイズの綿麻素材シャツ。軽く羽織って涼しげな印象に。

旅行のときは明るい柄ものシャツでリゾート気分。

シェルパーカーは防風・防水性に優れ、一枚持っているととても便利。チノパンツ、ジーンズ、スラックスなど、ボトムスを選ばず合わせやすいのも良い。

気取らず無造作に羽織った着こなしが男らしい印象を生むトレンチコート。ブルーとホワイトの色使いで春らしく爽やかな印象に。

キレイに品よく決まるショート丈メルトンジャケット。メルトンジャケットはニットとの相性が抜群。インナーに是非取り入れたい。

月ごとの服装の目安

ここでは、過去の気温のデータを元に月ごとの服装の目安をアドバイスしています。 青森県内の以下の地域を参照できます。

参照地域 : 青森

都道府県:

青森の服装の目安

服装の目安
1月
2月
3月
 ダウンジャケットやコートが必要です。
 またマフラー、手袋も必要です。
4月 厚手のジャケットやコートが必要です。
 マフラー、手袋が必要な日もあります。
5月 セーターやカーディガン、ジャケットなどで重ね着した方がいいです。
6月 長袖のシャツやカーディガンが必要です。
7月
8月
 半袖や長袖のシャツが必要です。
9月 長袖のシャツや薄手のカーディガン、ベストが必要です。
10月 セーターやカーディガンなどで重ね着した方がいいです。
 コートが必要な日もあります。
11月
12月
 ダウンジャケットやコートが必要です。
 またマフラー、手袋も必要です。

青森の気温

青森の気温
気温
[℃]
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
平均-1.2-0.72.48.313.317.221.123.319.313.16.81.5
最高1.62.36.313.518.421.725.427.724.018.010.94.6
最低-3.9-3.7-1.33.78.913.518.019.815.18.63.0-1.4

旅行の数日前に、もう一度「日ごと(今日・明日 ~ 一週間先まで)の服装ナビ」をご確認して頂くことをお勧めします。

年間の雨量・気温」では、各月の上旬中旬下旬ごとの平均気温を確認できます。また、 各月の上旬・中旬・下旬ごとの雨量(降水量)についても確認できます。

以上の気温のデータは、気象庁のデータを参照しています。データを参照することに関しては、気象庁に許可を得ています。

↑ このページのトップへ ↑

青森県の魅力・みどころ

青森は本州最北端の県で、すばらしい観光名所が県内に多数点在しています。 青森県は自然豊かで、秋田県との県境に位置する十和田湖やそこから流れ出る唯一の河川である奥入瀬渓流には毎年多くの人が訪れます。 十和田湖は、火山活動により形成されたカルデラ湖であり、自然の雄大さを感じることができます。 奥入瀬渓流にはたくさんの清流や滝が存在し、特に新緑の季節や紅葉の季節はみごろです。

また、青森市街地から車で約20分の距離には、日本最大級の縄文集落跡である三内丸山遺跡があります。 住居跡やとてつもなく巨大な柱の建造物など、縄文時代の集落の様子が再現されています。 敷地が広大で出土品も多数展示されており、長時間いても飽きない場所だと思います。

青森市から足を延ばせば、下北半島に位置する恐山やさくら祭りで有名な弘前城が人気の観光名所です。 恐山は、古くより人々の信仰の対象として崇められ、日本三大霊山の一つとされています。 弘前城の桜が満開になるのは例年ゴールデンウィークということもあり、この時期が一年のうちで最もにぎわいます。 弘前城の桜は、他の地域の桜に比べて綺麗だと言われますが、理由は桜の木の管理にリンゴ農家の知恵が生かされているためだと言われています。 一年のうちの限られた時期ではありますが、是非とも満開の時期に合わせて訪れたいものです。

↑ このページのトップへ ↑

このページで服装ナビを確認できる地域(青森)

このページでは、青森県内の以下の地域の服装ナビを確認できます。

1. 日ごと(今日・明日 ~ 一週間先まで)の服装ナビ

  • 青森
  • むつ
  • 八戸

2. 月ごとの旅行先での服装の目安

  • 青森